忍者ブログ

パート履歴書の書き方

パートの履歴書の書き方。主婦のパートやアルバイトの志望動機サンプルなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク

パート履歴書書き方だけに限った話ではなく履歴書一般に言えることなんですが、今回は履歴書を書く際に気を付けたいポイントについて説明をしていきたいと思います。

先ず、履歴書は西暦で記すのではなく、元号で表記するようにします。例えば、2008年3月ではなく、平成20年3月という具合です。また、氏名や住所などの送り仮名も注意が必要です。例えば、「フリガナ」と記載されていた場合は、片仮名で記す必要がありますし、「ふりがな」と記載されていたならば、平仮名で記入する必要があります。

また、住所は省略して書いてはいけません。例を挙げるならば、「氷川町1-2-3」と普段の手紙では書いていたとしても、履歴書では、「氷川町1丁目2番地3号」と記す必要があります。

次に行きましょう。同上の意味を持つ「〃」も使ってはなりません。元号や学校名など、繰り返し書く必要がある部分は面倒でも一つ一つ書くようにしましょう。ただし、元号に限っては、何度も書くのがどうしても面倒であれば、空欄にしておくことが可能です。もちろん、昭和から平成などのように、元号が変わった際には最初の部分は記入しなければなりません。

次に、学歴欄と職歴欄の先頭には、それぞれ中央寄せで「学歴」、「職歴」と記入するようにしましょう。 最初から印字されている履歴書の場合はもちろん書く必要はありません。また、学歴、職歴、賞罰はそれぞれ一行空けて見やすくします。

次です。高校までの学歴欄には都道府県名も入れるようにしましょう。例えば、「区立○○小学校」と記入するのではなく、「東京都足立区立○○小学校」という具合です。

最後です。資格欄は省略しないようにしましょう。例えば、「英検2級」ではなく「実用英語技能検定二級」、「自動車普通免許」ではなく「普通自動車第一種運転免許」、「簿記検定1級」ではなく「日商簿記検定1級」と言った具合です。

スポンサードリンク



忍者ブログ [PR]
PR
ブログ内検索
バーコード
SEOツール
  • seo

検索順位チェックツールseo-R
プライバシーポリシー
「パート履歴書の書き方」トップへ